読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少女不十分【小学生Uの行動が普通じゃない】漫画ネタバレ感想

漫画『少女不十分』のネタバレ、あらすじ、感想、無料試し読みを書いています。

少女不十分3巻13話【Uの家で見つけた衝撃的な光景】漫画ネタバレ感想

こんにちは

3児のママのゆうこです。

 

 

ネット広告で気になるタイトルを見つけたので

紹介します。

 

 

原作は小説なのですが

 

小学生のUの行動がとても興味をそそる

とてもリアリティのある漫画です。

 

 

 3巻完結でとても読みやすく書かれていますよ^^

 

 

漫画『少女不十分』

 

 

 

少女不十分 無料試し読みはこちら

 

人気コミック「少女不十分」の試し読みは、

まんが王国公式サイトで完全無料です。

 

>まんが王国で試し読み

 

サイト内「少女不十分」で検索!

 

 

無料で読めるコミック多数アリ!

キャンペーンも随時開催中★

 

 

少女不十分3巻13話【Uの家で見つけた衝撃的な光景】漫画ネタバレ感想

 

主人公はUの両親の寝室へ向かいます。

 

 

彼は自分でも家の中の

異常な雰囲気に薄々

気づいていたと考えています。

 

 

このシーンで私も

嫌な想像をしてしまいました。

 

 

両親二人が子供を残して

突然失踪するのはおかしいですし

子供が親を探した痕跡が

描かれていないのです。

 

 

彼が両親の部屋の扉を開けた瞬間

黒い空気が吹き抜けました。

 

 

部屋の中には彼女も見ていたであろう

シーラカンスの影が出来ています。

 

 

影を作っていたのは

心中をして絶命している

両親二人でした。

 

 

家の中の死臭について

彼が考えていることが

興味深いと思いました。

 

 

彼はUの自宅に連れてこられた時に

他人の家の独特の匂いについて感じていました。

 

 

その匂いこそが死臭だったのですが

それから彼は目をそむけていました。

 

 

人は厳しすぎる現実を

自分で見えなくする防御機構が

備わっているのかもしれないと思いました。

 

 

まるで親が子供の死を

認められないという話と同じです。

 

 

防御機構は彼女についても言えます。

彼女は両親の死後の姿を

シーラカンスの影として認識していました。

 

 

彼女は両親を亡くした次の日に

友人を交通事故で失いました。

 

 

その友人の机に花が飾られたシーンでも

魚影が見えていました。

 

 

死を理解できずに

魚影として認識していたのです。

 

 

>まんが王国で試し読み

 

サイト内「少女不十分」で検索!

 

 

 

 

syoujofujuubunn.hatenadiary.jp

 

 

 

 

syoujofujuubunn.hatenadiary.jp

 

 

 

 

syoujofujuubunn.hatenadiary.jp